プロフィール

space child

Author:space child

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコードを聴きたいと思い立って、


最近のオーディオ事情を調べてみました。


 


☆手持ちのミニコンポに、中古で買ったレコードプレイヤーをつなぐ方法。


 


これが意外なことに、できないんです!


最近のコンポはPHONO端子が付いていないので、つなげないんだとか…


こういう場合は、フォノイコライザーというものを取り付けなければいけないそうです。


 


確かにアンプの裏側を見ても、PHONOなんて見当たらない。


テープはつなげるのに。


これもデジタル化の流れなんだろうなあ…


説明書を読んでも、データを飛ばして…etc.みたいなことばかり書いてる。


機器の進化ってめざましいのね。


置いてかれそうだぁ〜〜〜


 


でも、がっかりすることなかれ(笑)


レコードプレイヤーにフォノイコライザーが内蔵されている商品が出ています!


これを手に入れてつなぐのが一番簡単で、予算も少なくて済みます。


私向きの方法が有ってよかった〜

スポンサーサイト
<< 鬼が出るか? // ホーム // レコード >>
にゅーめんさん
>え~(汗)
>LP音源をデータ化して、それを飛ばすんだったら、もはやそれはデジタル音源のような(笑)

すみません、書き方がわかりにくかったですね

アナログプレイヤー以外のものは、同列の考えで接続できるそうです。
(テープやCDなど)
ですが、アナログプレイヤーはPhonoにつながないといけないんだとか。

レコードからの出力は微弱で、低音を小さく高音が強調された状態だそうです。
それを増幅修正するのがフォノイコライザーの役目。

アナログ時代でPHONO端子があった時代には、当たり前についていた装置ですが、
今の時代ですから、わざわざ付ける必要もなくなったんでしょうね。

私もそんなに詳しくはないので、わかりにくい説明になってしまいました。
また、勉強しておきますね!


最近はアナログプレイヤーでも、USBやPCに対応できるものも発売されているようです。
意外とお手頃価格で。

ただ、おっしゃるように
それをPCに取り込んだりしたら
もはやアナログではない気がしますね(笑)

私はいま準備中ですが
PCやUSBには対応していない普通のものにしました。
純粋に聴くことが目的ですから

>やはりなんといっても、片面20分の音世界がありますよね~。

そうですよね
A面、B面でそれぞれの物語があるんです。
針を落とした時の、あのワクワク感はCDじゃ味わえないだろうなあ…

CDだとたくさん曲が入っていて、お得なのですが
長々と聴き続けるのが実は苦手だったりします。
[2012/06/25 Mon] URL // Raumkind #79D/WHSg [ 編集 ]
アナログとデジタルのハイブリッド
え~(汗)
LP音源をデータ化して、それを飛ばすんだったら、もはやそれはデジタル音源のような(笑)

でもそういう方法で聴けるプレイヤーがあるということは、やはりデジタルでは得られない、アナログならではの質感があるかもしれませんね。
もちろん、レコードが痛んでいたらブチブチいうだろうし、針を落としたときの「ドゥン」みたいな音も聴けるかもしれませんね。
やはりなんといっても、片面20分の音世界がありますよね~。
[2012/06/23 Sat] URL // にゅーめん #79D/WHSg [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://raumkind.blog.fc2.com/tb.php/255-2580f331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。